【活動報告:先生×保護者×地域が繋がる会】学校・先生を支えたい!子どもたちのための教育を考えたい!保護者・地域が集まった

ワークショップ

先生×保護者×地域が繋がる会

第2回目となる
学校・教育への想いシェア会を開催しました。

第1回目は「先生のリアルの声」が中心で
なかなか聞けない貴重なお話に盛り上がりましたが

今回は、

フリースクール運営
市議
性教育
絵画教育
PTA副会長
群馬の居場所づくり中心メンバー

など、地域・保護者として動いている面々が
集まり語らいました。

 

今群馬では、学校以外に多くの学びの場がつくられています。
(全国的にも、言うなればブームになっているそうで)

ただ、それぞれが熱い想いで個性を輝かせているのだけど
それらが点在しているような状況。

それは悲しいかな、行政側から見ると
みんな同じに見えてしまっているそう。

仕組み自体を変えられないのは
そこがネックになっているみたい。

点と点を結んで線になって、
そして面になっていったら・・・
今届かないところにも届く大きな力になる!
そんな期待を持っているけれど

学校や行政に働きかけていくならば
それぞれが持っている理念や質が違う中で
同じ目的をもった一つの団体として動くことが
重要だそうな。

できそうで、できなそうで、できそうな、、

 

この、先生×保護者×地域で繋がる会の発端は
大きくは、みんなで同じ目的もって
子どもたちのために協力共創したいということ
そして、公教育を下支えしたいということ

1人じゃできないことを2人で
2人じゃできないことを4人で
4人じゃできないことを8人で

8人いれば
けっこういろんなことができる。

月1の開催だって、
こうして集まってくれる仲間のおかげで
実現してる。

多様な意見があってこそ
みんなにとってより良いものとなる。
本当にありがたい。

 

『子どもたちのため、未来のため』

という大前提にたち
貴重な子どもたちの1日1日を
どうしたら濃く深いものにできるか
まずできることは、対話を重ねていくことだと結論づけ

次回は8月1日(日)
夏休みということで、再び、
「先生たちのリアルの声を聞こう」
というテーマで開催することに決定しました。

どこででも話題に上がるのが
「先生は忙しい」「先生は大変だ」
そこをリアルに聞きたい。

また改めてご案内しますが、
もし周りの先生方で話したい=離したい方いましたら
お誘いください。
先生の声を聞きたい、学校・先生を支えたいという思いのある方いましたら、
ぜひご連絡ください。

コメント