kazukiストーリー

もう、いっぱいいっぱいだよ・・・
やめたら楽になるんだろうなぁ・・・

いかんいかん。
頑張れば終わる、終わらせれば楽になる!
よっしゃー!

って甘いもの口に入れて、
気持ちを切り替えて、
また頑張る。

頑張る

頑張る

辛くなる

・・・

コーヒー飲んで、
よーっし!って気合入れて、

また頑張る

頑張る

頑張る

辛くなる

・・・

そんなスパイラルにはまっていません?
そう、頑張れば終わるんですよね。

でも、どこかごまかしていません?
人生は、仕事は辛いものなんだからって。

くすぶってるのを、抑えてません?
言っても何も変わらないからって。

私はこれを続けて鬱になりました。

小学校の教員だった私、
はじめこそ、やりがいをもって職務を全う。
努力を認められれば嬉しくて、
大変なことも乗り越えてきました。

でも思えば、いつも自分に喝を入れていた。

終わらないのは自分に何かが足りないからだと
無理をして、我慢して、頑張り続けました。

いつの間にかやりがいなんか忘れて、
ひたすら目の前のものをこなすことに必死になって、
自分を見失って、
いっぱいいっぱいになって、
それでも頑張って、頑張って、頑張って、
・・・どん底に落ちました。

育児もまったく同じでした。
もう限界!と心で叫びながら、
「でも私がやらなきゃ・・・」
って休むこともできず、
家庭崩壊の危機に・・・

あれから1年、
今の私が何をしているかというと、
自分の才能を生かしてビジネスを始めています!

ごまかし続ける自分から解放され、
好きなこと、やりたいことを次々実現。

毎日ワクワクして生きているのです!

価値ある自分を感じながら、
もっと良くなる未来に心躍らせ、
最っ高の人生を味わっています。
できないことなんて 何もない!

自他ともに驚く変貌ぶりなのですが、
一体何をしたのか?

それは「自分研究」です。

とことん自分に向き合いました。
それで気づいたのは、
”こういうもんだ”という枠に縛られていた私。
それを外してみたら・・・
こんなに楽に生きられる世界があるのか~!と、びっくり。
さらには、自分だけのスペシャルな才能まで発見!

そして、
無理も我慢もしない、
本来の自分を軸にした生き方・働き方に目覚め、
どん詰まりだった人生が、パーっと開けたのです!!

今が楽しくてしょうがない、
そして10年後、20年後、30年後の未来も絶対に楽しいに決まっている!
そんな状態です。別人としか思えない。

負のスパイラルに自らはまっていた
あの時の私のように、

なんかモヤモヤするんだけど・・・
私の努力が足りないんだよね・・・
みんなも頑張っているし・・・
弱音なんて吐いてる暇はない・・・
仕事ってこういうもんだし・・・
私が頑張れば何とかなる・・・

って、自分をごまかしてませんか?

もっと楽に生きられる選択がしたい。
もっと素敵な自分に出会いたい。
もっと輝く人生を歩きたい。

そんなあなたに届けます。
kazukiストーリーです。どうぞ!

 

『特別な存在』ではないと知り、『嫌われない人』を演じた

保育園、小学校時代の私は、
勉強も運動も、比較的何でもできる子でした。
任されることも多く、いつも目立つ役回り。
親、親族、先生たちから、友達やその親からも、
「さすがkazちゃん」「やっぱりkazちゃんだよね」って
もてはやされていました。

一方で、外見的にはイマイチ、というか、
おデブでおブスだったり、
実家で営んでいた織物業を古臭いと思っていたり、
そこにはあまり触れてほしくないという
少々、いや、だいぶ厄介な人w。
自分は『特別な存在』なんだと、思っていたかったんです。

中学、高校と進んでいくうちに、
勉強でも運動でも目立たなくなり、
また、個性を出し始めた魅力的な友達も増えてきて。
そんな中で、『特別な存在』でいたかった私は、
私なりの個性を出して、
どや!
って目立つことをしてみるものの、
「さすがkazちゃん」ではなく、
「変なヤツ」と思われることもしばしば…
それはそれは大きなダメージになりました。

『特別な存在』でありたい!
でも、嫌われたくない・・・

『特別な存在』になることは、
リスクをとることになるんだ。

いつしか『特別な存在』を諦め、
嫌われない人、受け入れてもらえる人に徹するように。

どんなことを言ったら変なヤツと思われないか、
どう振舞ったら嫌われないのか、
それが私の言動の主軸になったのです。

自分を守るために必死でした。

『特別な存在』を感じていた教員時代、違和は始まっていた・・・

大学を卒業して、小学校の教員になりました。
昔からの夢だったわけではないのですが、
採用試験はめちゃくちゃ勉強して、
受かった時には、泣いて喜びました。
このへんも、ちぐはぐな人生を歩んでいる感じ・・・

さて、教員生活はというと、
元々まじめな性格だったので、
任された仕事は完ぺきにこなしました。
朝早くから夜遅くまで、「早く帰りなー」と言われながらも、
目の前にあるタスクを、こなす、とにかくこなす。
やればやるだけ、いい授業ができるし、
クラスもまとまっていきます。
当時は独り身だったので、
自分の好きなようにやりくりできて、
やりがいを感じながら従事しました。

でも、やることは果てしなく多い。
全部思うようにできなくて、悔しい、
私なんて先生に向いてないって思うことも。
それでも自分を鼓舞して、必死でやり抜きました。

その見返りというのでしょうか、
私の仕事ぶりは、
子どもたちはじめ、保護者、同僚、上司から
高く評価されました。
自分という存在、自分の能力、努力を
認めてもらえているという充実感。

先生という職業は、
私に『特別な存在』を感じさせてくれる!

二校目に転属して、すぐ、
公開した道徳の授業が、教育委員会の方の目に留まりました。
そして、
「本物の道徳をしていますね。
一緒に道徳の授業ができる先生を増やしましょう。」
とのお誘いが。
そこから、道徳を専門としたキャリアを積んでいくことになります。

道徳は面白い教科です。
研究しがいがあります。
考えても考えても答えが一つではないところ、
また、生き方の根幹を学べるところに、
私自身がドはまりしましたw
道徳といえばkazuki先生と言われるように。
ますます『特別な存在』を感じられました。

ただ、仕事は増える一方でした。
もちろん担任としてひとクラスをもちながら、
道徳主任として、全国区の研究発表のリーダーもやり、
研修や授業研究の講師として指導する立場も任され・・・

評価されたことは嬉しいし、道徳の研究をしているのは楽しい。
でも、湧いてくる違和感…

「本当にやりたいのか?」
「こんな私がやっていいのか?」

そんな疑念も自信のなさも押し殺して、
任された仕事をできなかったなんて言えない、
ダメなヤツだなんて思われてはならない、
その一心で頑張りました。

ちょうど同時期、不妊治療もしていました。
結婚4年目だったのですが、
忙しさゆえなのか、なかなか授からない。
あらゆる負担が重なり、どれもこれもやめてしまいたい!

そう思っていた矢先に、
妊娠していることがわかりました。

思い詰めていた心が一気に軽くなり、
産休まで勤め上げました。
今思えば、どうにかして仕事から離れたかったんです。

しかし、
違和感を保留にしたまま産休に入ったために、
あんなことになるなんて・・・

 自分を傷つけていた?

無事に娘を出産。
さらにその育休中に息子を出産。

休んでいる間に、ヨガを習う機会がありました。
ここで「アヒムサ」という言葉に出会います。
「自分を傷つけない、他を傷つけない」ということを意味します。

自分を傷つけない

この言葉に心を奪われました。
ヨガのポーズの指導も、
理論のお話も、
すべてのベースに「自分を傷つけない」がある。
無理のないリラックスした動き、
自分自身にフォーカスした思考、
今までの自分には無い視点ばかりで、
新しい世界に足を踏み入れたようでした。

人に迷惑をかけちゃいけない、
空気を読まないといけない、
できないところ、ダメなところは見せちゃいけない、
そうやってグッと力を入れ続けていた私。
無理や我慢で、リラックスを忘れていました。
自分を傷つけてきたんだ、と気がつきました。

無理しなくてもいいんだ
もっと自分を大切にしたい

そんな思いが芽生えました。

 職場復帰、そして人生のどん底へ・・・

長女が3歳、長男が1歳になり、学級担任として復帰しました。

初めての育児と仕事の両立。職場異動からの再スタート。
さらに10年次研修も重なり、
覚悟はしていたものの、そこには厳しい現実が。

業務自体を忘れていたわけではないですが、
新しい職場、新しい人間関係に慣れることから始まり、
通常業務に加え、研修のための準備・出張、
子どもの病気で勤務をやりくり、
毎日の保育園お迎え~寝るまでの家事育児、
残業ができなくなり早朝出勤・休日出勤。

復帰して1か月、それまでかかったことのない
身体的な病気に立て続けに襲われていました。

しかし、
職場には恵まれ、同僚も上司も、いざというときは助けてくれました。
また、夫も協力的で、
私が仕事に専念できるようにと家事育児を買って出てくれました。
クラスの子どもたちも本当にいい子たちばかり、
「小さい子がいるのだから」と理解してくださる保護者の方も。
どう考えても恵まれている。

この環境で仕事ができないのなら、
それは私が悪い
私の頑張りが足りないんだ

そう思い、どうにか日々を過ごしていましたが、
無理をしていることも自覚していました。

自分を傷つけない

そうしたいけれど、
でも、私がやらなかったら、誰がやるの?
私がやらなきゃ。
みんな忙しい思いをして頑張っているんだから。

しかし、もう限界でした。
2学期のはじめ、
とうとうベッドから起き上がれなくなりました。

それでもなお、
学校からも病院からも、しばらく休むように言われても、
私が頑張れば何とかなる、と
何度も学校へ足を運んでいました。

なぜそこまでして行くのか?
休むこと、
それを受け入れてしまったら
今まで築き上げてきた 私 が壊れてしまうから。

でも、私の心は「学校へ行けない」と悲鳴を上げている。

行かなきゃいけない
…でも、行けない…

その狭間で悶え苦しみました。

学校に行けない私は、
誰の、何の役にも立たない、ダメなヤツ。
教員としての存在だって、母親としての存在だって、
私じゃなくてもいいんじゃないか?

自分の存在意義なんてない。
私なんていなくなればいいんだ。

自分で自分を追い詰めるようになりました。

そして、うつ病と診断され、
ようやく休むことを受け入れました。

暗闇に一筋の光

私は教員を続けるべき?
そもそも私は何がしたいんだ?
何が好きで何が得意なんだ?
私は何者?

完全に自分が崩壊しました。
自分のことなのに何もわからない。

 

どうしたらいいの?
誰か…助けて…

 

病院では薬をもらうだけ。
カウンセリングをしてもらったけれど、
闇が深すぎて何も見えない。
何もわからない自分に焦る。
頼りにしていた夫もどうしていいかわからない。

 

わからない・・・

何も、見えない・・・

 

でも、

 

わかりたい。

自分のことを知りたい。

私の何がダメだったの?

ダメなところを直して元に戻りたい。

 

藁をもつかむ思いで、教員支援をしている先生の元へ。
そこで言われたのが

 

「あなたは悪くない」

 

ずっと自分が悪いと思ってきました。
私は悪くない・・・の?

 

半信半疑です。
だって、

私がもっと要領がよかったら、
私がもっと賢かったら、
私がもっと我が子を愛していたら、
私がもっと心が広かったら、
私がもっと何でもできる人だったら・・・

そしたら全て上手くいったはず。
誰も傷つけずに、誰にも迷惑をかけずにできたはず。

 

こんな私なのに、ダメじゃないの?
悪くないの?
ちゃんとできていたの?

私は今までどんなことをやって、
どんなことを残してきたんだろう?

 

私は自分に向き合うことにしました。
「自分研究」の始まりです。

それからというもの、
あらゆるところに行き、多様な人や考え方に触れていきました。
カウンセリング、コーチング、コンサル、
読書、自分を掘り下げるワーク、セミナー、講演会などなど。

それらを通して、仕事に関しても自分自身に関しても、
あまりにも無知だったことがわかりました。

当たり前に残業をしていましたが、
それはコスト意識を全く持っていなかったから。
それが、子どものため、社会のためになると根拠もなく思っていました。
しかし、それは生産性のない作業ばかりだったことに気がつきました。
貢献とは何か?生産とは?投資意識とは?
仕事の本質を少しずつ理解していきました。

同時に、世の中のことを多面的に捉えられるようになりました。
教育のこと、育児のこと、働き方のこと、生き方のこと。
もっともっと自由に考えられるし、もっともっと良くなると思いました。
視点が大きく外側にいった感じ。
自分も良くならないし、世の中も良くならないと決め込んでいたのは、
狭い世界にいる自分でした。
いつも「誰か何とかしてよ」という他人任せばかり。
全く自立できていませんでした。

そして、内面は、コンプレックスばかり。
自分のことを自分の言葉で全く語れないことがわかりました。
はじめは涙しか流れません。
ぽつぽつ話せるようになって、
それに対してフィードバックをもらえて、
客観的に自分の状態が見えてきました。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、
アウトプット、フィードバックを増やして、
自分を真っ直ぐに見つめられるようになりました。

他の先生と比較して全然できていないと思っていましたが、
私が担任で良かったと心から言ってくれた子や保護者もいました。
道徳の授業を楽しいと言ってくれた、
先生やお友達が大好きになった、
一緒に遊んで大笑いした、運動会で負けて悔し涙を流した、
泳げるようになった、縄跳びが跳べるようになった・・・

いろんな瞬間に、確かに私は介在していた。
未来のための何かを、わずかかもしれないけれど残せた。

我が子にも辛い思いばかりさせていると思っていたけれど、
子どもたちは “ちゃんとした母親像”を求めているわけではない。
喜びも悲しみも分かち合いたいだけ、
そんな私の存在が彼らの希望なんだ。

小さくて弱い、
もっというと、無くてもいい存在だと思っていた自分に、
少しずつ自信が戻り、私がここにいる意義がわかり始めました。

働き方も、世の中のことも、
狭い価値観でしか見ていなかった。
想像以上に自由度がある。
そして、私にはもっとずっと可能性がある。
もっとやらなければならないことがある。
グーッと世界が広がっていきました。

自信を取り戻した私はエセ??

もっと自分を広げたい、もっと広い世界を見たい、
私がここに在る使命を全うしたい、
そう思い、退職を決断しました。

もちろん不安はありましたが、
自分の可能性にかけてみようと思いました。

その後、環境保護ボランティアを始めて、
保育士養成学校の事務手伝いを始めて、
またビジネススクールにも入学して、
自分も、世界も、広がるばかり。

世の中にはいろんな人がいるし、
いろんな働き方があるんだ。
もっと私の能力を発揮できる!
使命を全うできる!

そうして、働きながら、
自分の思いをブログで発信する生活を始めました。

事務のお手伝いやボランティア活動では、
教員時代に培った事務処理能力と、
元々持っていた真面目さや情熱、向上心を見事に発揮。
「仕事できるね~」とお褒めの言葉をいただき、
『特別な存在』になりつつあることを噛み締めていました。

自分に可能性を感じる!
世の中に価値を提供できる!

どんどん自信がつきました。

そんな中、ビジネススクール内でブログを公開したところ、
読んでくださった先輩から、

「エセポジティブ感」を感じる

という言葉をいただきました。

え??

自信が戻った。
世の中のこともわかっている。
社会に出て高い評価もいただいている。
でも、エセ?
何かが違う・・・??

動揺しました。

エセポジティブ、
つまり
本当は強くないのに、強がっている。

確かに、自信を持てるようになってはきたものの、
何となく無理をしている感覚はある・・・
どんだけ無理するのが好きなのでしょう。

自信がついて、
自分の意思をもって生きること、
働くことができるようになってきた。
とーっても生きやすい。

でも、強がっている。
それは本当の”強さ”じゃない。
そして、私の文章にそれが乗り、
読んだ人に伝わっている。

こうやって人に指摘されたことを
真摯に受け止めることはできるのですが、
揺らぐ自分がいることも確か。
「やっぱり私はダメなんだなぁ」と。

私の中で、二人の私が会話を始めました。

 

誰だってダメなところあるでしょ?
生きやすくなったし、
私を必要としてくれる人もいる。
もう十分幸せだよ。

 

でも、本当の強さってどんなだろう?
自分の能力に自信はあるけれど、
ブレない、揺れない自分になることなんて
できるのかな?

 

もう十分頑張ったよ。
楽に生きられるようになって、
本望じゃん。

 

本当の望み?
生きやすくなること、幸せになること、
うーん、何か足りない・・・
そうか、
もっと知りたい!
きっともっと素晴らしい世界があるはず。
もっと高みを目指したい!

 

こうして再び、自分研究が始まりました。
今度は心の奥深く、ずーっと奥の方まで。

日々の習慣や無意識的な言動などから、
自分を分析しました。
また、時間を遡って、
幼少期、母、祖母の代、それこそご先祖様まで、
思考を巡らせました。

見たくない自分にも会いましたし、
それを打ち消そうと強がっている自分もいました。

私の今までの人生、
ダメな自分を出さないようにしてきたんです。
特に、教員になってからは、
ダメな先生なんて思われてはならない。
子どもをもってからは、
ダメな親になってはならない。
やりこなしていることが当たり前。
時間も労力もそこに注いでしまっていました。

ダメな自分は隠して、
できる自分でいようと必死だったのです。
それが「エセポジティブ感」。

ダメな自分を守る鎧を

面白いことに、ダメな自分をさらけ出す度に、
強さを獲得していく実感がありました。

そうやって自分に向き合う作業をしていったのですが、
その飾らない自分の中に、
「本当の私」を見つけることができたのです!

誰にも負けない、めーっちゃ尖ってる部分と、
ほんとにびっくりするほどできない部分w、
両方合わせて kazuki だったんです。

本当の自分が掘り出されて、
本物のポジティブになりました。

才能開花!本当に『特別な存在』になれた

私の根底にあるのが、
「もっと良くなる!」という思い。
そのための研究が大好き、
知りたいことはとことん、
”良くなるアンテナ”を張って、
”良くなる思考”を働かせて、
”良くなるまで”とことん!

↑↑これが私の尖った才能です。
え、これですか?
笑えますよね。ww

でも、これは、
子どもの頃の、何も恐れずに出せるパワーのような、
枯れることなく湧き続ける泉のような、
超ハイパーエネルギーなんです。

これで何ができるの?
はい、何でもできます!!w

生きにくさを感じている人がもっと楽に生きられるように、
自分がわからない人が、もっと素晴らしい自分に出会えるように、
才能を生かして、もっと面白い人生にできるように、
教育界が、日本が、
世界が、未来が、
もっともっと良くなるように、
研究して、発信して、とことん解決していきます!

私の知識と経験とスキルと人脈と、
すべてを兼ね揃えた才能をもってすれば、
もう、何でも!
そう断言できてしまうほどの威力をもつ、
「自分研究」。

これによって、私の人生が激変しました。
・起業
・イベント主催
・田舎へ移住
・空き家を自分たちの手で改修してイベントスペース作り
・世界中を転々(としたい)
・いつでもどこでも働けるスタイルを確立
・好きなこと・やりたいことをやる人生に!

教員だった頃には考えもしなかった人生を、
歩み始めています。

自分の可能性を信じて、
自分で未来を作っていくことはできるんです。

これぞ本当の『特別な存在』。
誰かに認めてもらう 特別 ではなく
自分で自分を 特別 だと認められた!

 

生き方や働き方は自分で選べる

これはkazukiだからできるんじゃないの?
そうではありません。
たまたま私は心の病気になって、自分に向き合わざるを得ず、
自分を研究した結果、自分の才能や可能性に出会えただけ。
そしてそれを生かす場所を見つけただけ。

今や一カ所に留まって人生を終えられるような
世の中ではないというのは、一目瞭然。
好きな場所で、好きな時間に、好きなことをして生きている人は、
もうすでにたくさんいます。
で、これをやっている人たちは、「特別な人」ではないんですよ。

私たちみんな、同じようにできるんです。
今だって、こんな私がこんなことしてる!って
自分が一番びっくりするくらい、普通のおばさんです。w

誰でも、
考え方を少し転換するだけで、楽に生きられるし、
よくよく眺めてみれば、価値や才能を持っています。
それに気づいているかどうか、
それを生かしているかどうか、
それだけの違いです。

私のように病気になってどん底を味わう必要なんてないですし、
退職する必要もない、引っ越す必要もない。
自分にとことん向き合う、それだけです。

「生き方や働き方は自分で選べる」ということ。

そして、誤解のないように言っておきたいのは、
「好きなことで生きる」と言っても、
楽してお金を稼いで、家事や育児を放り出して、豪遊するとか
そういうことではなくて、
「好きなことに汗をかく」ということです。
自分の本当に好きなこと、何よりも大事にしたいことを、
自分研究で掘り起こして見つけ、
それに一生懸命になるということは、とっても気持ちがいいことなんです。
それこそが自分を満たし、人生を豊かにしてくれるんです。
さらに、そのエネルギーが他者をも幸せにできるんです。

そんな、win-winな生き方、働き方が可能なのです。

何度も言いますが、自分を研究し尽くすことです。
自分の価値観を知り、自分の才能を知り、
自分の内側をどんどん広げていってください。
そうすると、外側の世界もどんどん広がっていきます。
楽~に生きられること、
さらに、この先何があっても揺るがない自分でいること、
その感覚を得ることが重要です。
自分にとって迷いのない最適な生き方、働き方が見つかります。

自分を知るためのツールはたくさんありますので、
いろんな方法であらゆる側面から自分を研究してみてください。

ただし、時間は有限です。
情報が溢れる今、何をどこから手をつけていいのか、
迷っている時間がもったいない。

ここまで読んでくださっているとすれば、
共感した部分がわずかでもあったのではないでしょうか。
教員やそれ以外の仕事、家事や育児などをしながら、
「このままでいいのかな…」という違和感を持っていた、
でもそれをごまかして、
気づかなかったフリをしていたんじゃないでしょうか。
本当は、
・もっと楽になりたい!
・もっと人生楽しみたい!
・もっと自信を持って生きたい!
・もっと周りの人を幸せにしたい!
・もっと仲良くなりたい!
・もっと世の中良くしたい!
・もっともっと良くなりたい!
って思っていませんでしたか?

私も行ったり来たりしました。
自分のことに、とことん無知でした。
そんな私が、
本来の自分を目覚めさせ、
これからを豊かに生きるための学びをお伝えします。

自分を研究し尽くした成果も
また多くの先輩方から教えていただいたことも、
余すことなくシェアします。
ぜひ気軽に読んでみてください。
(ただ今無料メルマガ配信中→こちら

私が目指すのは、
人生が楽~になって、
自分の才能や可能性を生かせるようになった
エネルギーの高い人たちが集まり、
才能で補い合いながら、
問題解決、やりたい事を実現する世界です。
尖った才能を絡ませて、世界を進化させたいんです。

これからの時代は、どの分野でも、
個々の才能を生かして働くことが
スタンダードになると確信しています。
そうでないともう生きていけない。

何かに縛られることなく、
無理も我慢もない、好きなことに汗をかく、
そんなエネルギッシュな人たちが集まったら、
どんな問題も解決しますよね!
楽しくて豊かな世界を作っていきたいのです。

有限な人生です。
あなたは今ある人生に本当に満足していますか?
誰かのために消耗してしまっていませんか?
才能を眠らせたまま、持て余していませんか?
未来のために有意義な選択をしていますか?
さて、
あなたの心が少し軽く、
未来が少し明るくなりましたか?

いやいや、そう簡単ではないですよね。

でも、現在にいっぱいいっぱいになっている場合じゃない、
という自分に気づき始めているはずです。

もっと楽に生きられるはずだ、
自分にももっと明るい未来があるはずだ、
このままじゃだめだ、
もっと良くなりたいー!

そう思われた方、
なんとなくでも共感してくださった方、
興味を持って下さった方、
私の発信を見てみてください。
あなたと仲間になり、
素晴らしい世界を一緒に築いていきたいと思っています。
本来の自分に目覚め、自分を大切にした生き方をするための
大きな一歩を踏み出す瞬間になることを祈っています。