「私、学校をつくる!」と宣言してみた。

持続可能な学び舎

こんにちは。kazukiです。

 

2週間ほど前に、思い立って

「私、学校をつくる!」

って周りに宣言しました。

 

そしたら、ありがたいことに、
応援してくれたり
共に動こうとしてくれる仲間がけっこういて、
とても心強い。

でも実際、何したらいいんだろう・・・が
普通なんだけど

そんな悩みが頭をかすめる暇もなく
「これ、やってみよう」
「この人に会ってみて」
「打ち合わせしよう」
「これ作っておいて」

なんか、みんなめっちゃやる気w

「学校」っていったって、どんなのを想定してるか
たぶんそれぞれで違うんだろうし
私もまだそんなに明確じゃないんだけど

一応今考えてるのは

仮ですけど

「パーマデュケーション・スクール」

持続可能な学び舎

環境、経済、テクノロジー、人間関係などなど
予測できないことばかりで、かつ
これからますます高速で変化し続ける時代を
生きる私たち、そして子ども、孫世代、後世、に

半永久的な(=パーマネント)
学びを(=エデュケーション)
提供する学校(=スクール)

ってことで、

パーマデュケーション・スクール

 

これからの時代を生き抜く私たちを
強く支えてくれるのは
教科書にはない、生き方在り方の学び。

あまりにも情報が溢れている今、
何を信じていいか、何を選択していいか
本当にわからなくなります。
いくら正解を求めても迷子になる。

 

結論を言ってしまうと、

正解は落ちてないんです。

正解は自分でつくるんです。

 

そのために

既存の何かに囚われていないで、
まっさらな目で、今までにない視点で
自分や世の中を眺める力を育むこと。

子どもも大人も、
持続可能な人生・未来をつくり出すための
学びをしていきましょう。

 

次から次へと新しいものが生まれていく今、
その中から、自分を幸せにしてくれる何かを見つけ出そうとしていた
過去の私。それは無理だった。

だって、それを手に入れても、
また新しい魅力的なものが現われるから。

 

そう、この戦いに、

終わりはない。

幸せはどこ~?って情報に振り回される人生。

 

終わりにするには、

自分で正解をつくり出していける
イマジネーションやクリエイティビティ
あとは、メンタリティも。

がんばってカタカナ使ってみたけど
合ってるかわからない・・・

でも伝わったと思う。w

 

既存の価値観や常識に惑わされないで
自分の軸で考えて行動していく力。

そういうものを、共に育んでいける学び舎が欲しかった。

ないから、作る、ということになった。

というわけ。

なんだか、まだ抽象的で伝わりにくいのですが
少しずつ記事にしていき
イベントを重ねていき
形にしていきたいと思います。

よろしくお願いします!

コメント