本当に幸せになるために必要なものは?お金でも時間でもない。『自分にふさわしい生き方』だ。

自分らしく生きる

もっと効率よくならないかな。
なんで上手くいかないんだろう。
私に何が足りないんだろう?

みんなすごいなー楽しそうだなー
幸せそうに生きてるよなー
なんで私だけ幸せになれないんだろう。

いや、幸せなはずなのに。
自由に使えるお金もある。
家も車も気に入ったものがある。
夫も子どもも愛してくれている。
これで幸せって思えない私が変なんだよね。

 

幸せって思わなきゃ、
ありがとうって思わなきゃ、
嬉しいって思わなきゃ、
欲張りな私がいけないんだよね。

いくらそう念じても、
私は変われなかった。
心から幸せを感じられなかった。

満たされない感じが、
私のオーラになって、
人を寄せ付けないようにして、
自ら孤独を演じて、
どうせ私は、どうせ私の人生は、って、
自分で自分をけなして、
どんどん、どんどん、不幸になった。

 

あれから1年、
私は心から幸せを感じている。
もちろん、急に幸せがやってきたわけではない。
一歩ずつ、少しずつ、変わっていった。
仕事は辞めたけど、
それ以外、家族構成も、家も車も、
状況はそんなに変わっていない。
当然、収入は減った。

でも満たされている。
溢れる愛も、感謝も感じている。

 

『幸せって思わなきゃ』なんて
1ミリも思わなくても、
幸せに満ちている。
ありがとうの気持ちが溢れてる。

夫や子どもはもちろん、
あれだけ辛かった仕事も、
あれだけ責めてしまっていた母親も、
消したい過去も、
全部全部、私にとって、必要だった。
だから、感謝しかない。

 

こんなに満たされる感覚、
生まれて初めて。
こんなに満ち足りた世界があるなんて。

 

なんでこんなに変われたのか?

仕事を辞めればいいのか?

 

答えは、

 

『自分にふさわしい生き方』を見つけたから。

 

ちょうどいい、ピッタリ、な生き方。

 

今まで苦しかったのは、

『自分にふさわしくない生き方』をしていたから。

ただそれだけ。

 

知らないんだもん、仕方ない。
誰も教えてくれない。

 

むしろ、

この仕事がいいよ
お金があった方がいいよ
こういう生き方がいいよ
それじゃダメ
あれは選ばない方がいい

って、誰かの価値観を先に教えられちゃうから、
それに従ってしまっただけ。

 

おかしいな、
こうすれば幸せになれるはずなのに、
なんで満たされないんだろう。
なんで上手くいかないんだろう。

これが自然なこと。
この感覚を持てた私たちは、
本当の幸せに一歩近づいたってこと。
これでいい。

 

この感じを得たならば、
次にやるべきことは、

こんなふうに考える私が悪いって
『自分を責めること』じゃない。

もっと私が頑張ればいいんだって
『自分を納得させること』じゃない。

 

私が心から満たされることって何?
私が大事にしたいことって何?
好きなこと、やりたいことは?
苦手なこと、できないことは?
どんな人生にしたいの?

 

自分の本当の望みを、
深く深く掘り下げること。

『自分にふさわしい生き方』を思い出すこと。

 

”思い出す”ってしたのは、
私たちの心や体は
『ふさわしい生き方』を知っているから。
今までの人生で、心から幸せを感じていたことが
ゼロではないはず。
だから、新しく見つけるというより、
”思い出す”というのが本当のところ。
ただ、忙しい日常に埋もれて忘れているだけ。

 

もう一度思い出そう、
私の心から好きなことを。
ワクワクして、時間も忘れて、
熱中してしまうこと。

もう一度思い出そう、
私が大事にしたいことを。
ともすると、不要なことに、
時間や労力を割いてしまいがち。

もう一度思い出そう、
人生の目的を。
私は誰のために、何のために
今ここに生きているのか。

 

『自分にふさわしい生き方』ができれば
本当の幸せがやってくる。

そうして私が満たされれば、
家族も満たされる。
そして周りももっと豊かになる。

 

まだまだ自分のことがわかっていない私、
いつか完璧にわかるときが来るのだろうか?
『自分にふさわしい生き方』を求めて、
今日も研究を続けます。

コメント