いつまでたっても豊かになれない理由は、お金をいただいちゃってるから?『消費者』ではなく『生産者』になれ!

ビジネス・お金

こんにちは。kazukingです。

週末に家族で旅に出ました。

目的は、2つ。
夫の興味のある建築物を見に行く。
古民家に民泊して、改修する祖母の家の構想を練る。

あれ?
これはどちらかというと夫寄りな目的・・・

私はどうしたい??
『人生の学びを得る』

毎日やってることじゃんw

でも、旅に出ることで、
日常とはかけ離れた学びができるはず。

と、1泊2日で出かけてきましたが・・・

期待以上の 大大大収穫!!!

豊かに生きている人たち
たっっくさん出会いました。

素敵だな~
こんな人になりたいな~
こんなふうに生きたいな~

そう思うことありますよね?
「こんな人」を言語化できますか?

お金を持っている人?
素敵な家族やパートナーがいる人?
センスある服装をしている人?
お洒落な部屋に住んでいる人?
顔もスタイルも性格もいい人?

↑↑
これ、以前の私。
意識に上がってきたことを言葉にすると
こんな感じでした。

全部手に入れたわけじゃないけど、
こういうのをいくら追い求めても、
素敵な人を目指して一生懸命やっても、
「なんか満たされない」
で終わってしまった。

じゃあ何が満たされることなのか?

あれ、この話題ついこの間書いたな…w

本当に幸せになるために必要なもの の話。

『自分にふさわしい生き方』ってまとめたんですけど、
かなりふわっとした抽象的な言い方だったので、
今回は、研究者らしく
ビシッと研究成果の発表とさせていただきます。

「なんか満たされない」は消費者意識。
豊かに生きるためには生産者になるべし。
しかし、多くの人が陥るのが
生産をしているようで、消費者のまんま。
『本当の生産者』とは?

こんなトピックでお届けします。

興味があればお付き合いくださいね。

旅で出会った豊かに生きる人たち

カフェを経営しているKシェフ。
民泊のお宿を経営しているYさん。
そのお仲間のコミュニティイベントで、
パンやドライフラワーやうどんや燻製や、
いろいろ売り買いしている皆さん。

この方たちと触れ合って、
これこれ、目指したいのはこれ!
って思ったんです。

豊かって?
「これ」って?w

お金を稼いでいる人ってこと?

そんなわけないですよね。
私のブログを読んでくださる人はわかると思う。
私は稼ぎたいわけじゃない。
だって、自由に使えるお金があっても
満たされなかったんだもん。

じゃあ、
経営者ってこと?
クリエイター?
イベント主催者?

いえいえ、肩書きでもない。

じゃあ何?

 

掘り下げると、こうでした。

私が豊かだと感じる人たちは
総じて、

『生産をしている人』

わかるような、わからないような・・・

 

何のために『生産』をしていますか?

生産って?

「誰かのためになるものを作る、提供する」

 

てことは、
会社勤めをしていても、
社会のために、誰かのために
何かを作って提供していますよね。

これもある意味、生産なんですが・・・

豊かだと感じる『生産している人』とは
おそらく目的が違う。

お金を得るために生産しているか、
 
生産することに重きを置いているか、

これが大きな大きな違いです。

 

私は、教員時代、一生懸命働いていました。
子どもたちのため、社会貢献のため。
この目的も嘘ではない。

でも、やっぱりどこかで、
立派なお給料をもらっているから、
尽くさなければならないって思っていましたし、
いただかなければ生活ができないから、
評価が下がらないようにしよう、
そんな思いもありました。

全然悪いことではないです。
資本主義社会で生きるためには、
お金は必要なものだから。

意識的にか、無意識的にか、
お金のために働くようになっていたんです。

そんなつもりはない。
そんなにお金に執着していない。
子どものためにやっていた。
社会のためにやっていた。

そうなんです、私もそうだったんです。

 

でも、

お金をいただかなくても働き続けますか?

 

きつーい質問だったかもしれません。

 

私が豊かだと感じた
『生産者』である皆さんは、

 

お金をいただかなくても
同じことをやっているだろう
と思える方たちだったんです。

 

ちょっと語弊があるかもしれないので、
言い換えると、

 

赤字になっても、自分の信念を貫いて、
続けているであろう方たちだった。

 

そこに『本物の生産者』の姿を見ました。

 

そういう人の元に人は集まり、
結果的に、潤うんでしょうね。

それが「豊か」ってことなのかもしれません。

 

『生産者』のようで、実は『消費者』

当時一生懸命働いていた私は、
子どものために、学校のために、社会のために、
たくさんのものを生産してきたことは確かです。

でも、お金をしっかりといただき、
それがないと生きていけないと思っていた
言うなれば

『消費者』

だったんですねぇ。

 

確かに確かに、
消費、大好きだったもんなー。
がんばって働いたから、
ご褒美にあれ買ーおうっ!
っていうのが、何とも言えない楽しみで。

でも、何回も言いますけど、
買っても買っても、
いくら手に入れても満たされない。
だから、また消費する。
だから、お金が必要で、また働く。

楽しみや満足感は、
お金を支払わないと得られないって
思っていたんです。

 

『消費』のために『生産』していた
ってわけなんですね。

 

そして、そんな自分にやっと気づいて、
今目指しているのは、もちろん、
『本物の生産者』

 

これからの時代の豊かさって?

ここまで読んでくださった方は、
きっと、今の生き方・働き方に
違和感を持っているんじゃないでしょうか。
(kazukingファンってことはないですよねww)

一昔前だったら、
「お金があれば豊か」は本当に大正解でした。

でも、そうじゃなくなってきているということを
敏感に感じ取っているんですよね。

これからの時代に本当に必要な考え方って何だ?
本当の豊かさって何だ?

それを求めているんですよね。

私は、消費者から生産者へと移行すること
これが鍵だと思っています。

 

知ったかぶってなのか、何なのか、
偉そうに記事を書いていますがw
正直、
そうやって生きている人たちの生活を目の当たりにして、
価値観がぶっ壊れました。
そのくらいの衝撃がありました。

 

職業や肩書きでもないし、
お金を持っていることでもないし、
身綺麗にしていることでもないし、
人当たりがいいとか、
すんごいスキルを持ってるとか、
そういうことでもない。

 

みなさん、
楽しそうで、ゆったりしていて、
一緒にいて楽。

熱すぎないけど、情熱をもっている感じだったなぁ。

自分の持っている以上のものを出していない、

そういうゆとりなんでしょうか。

 

こういう人たちが、
人に刺激や学びを与えて、
誰かの人生観を変えて、
そんな人たちが集まって、
そんで
世の中を変えていくんだろうな~

なんて、
未来にワクワクしてしまいました。

 

だから、『生産者になる!』なんて
意気込んでやるような、
特別なことじゃないんですね。

自分に正直に、
今できることをやる。

たぶんこういう単純なことなんだと思います。

でもそれが難しいんですよね~

だから私も研究を続けていきますよ。

豊かな人生のために!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

無料メルマガ講座始めました。
こちらからどうぞ

コメント