「自信」ってあればいいもんじゃないの?自信があってあって辛かった時の話。自信よりも○○が大事!

行き詰まりから解放される

こんにちは。kazukiです。

 

自信がなくてなくて
めっちゃ辛い時期もありましたが、

自信があってあって
辛い時期もあったなーって
思い出しました。

 

「自信がある」ってすばらしいことのようなんですが
私は信頼する人から
「エセポジティブ」って言われました。

その時の方が辛かった。

 

自信があれば何でもできる!
って思っていたから。

 

まだ私乗り越えなきゃいけないことあるの・・・?

って途方に暮れた。

 

でも、
自信よりも大切なことに気づいて
今は本当に良かった。

今の方が100倍1000倍
もっともーっと幸せ感じられてる。

 

自分のことしか見えてなかった私

私、子どもを出産してから
自然なものがいいと思い
そういう食品や洗剤を選ぶようになって

その流れで
環境問題にも関心を持つようになって

それで
以下のような考えを持つようになりました。

 

コンビニなんて
プラスチックいっぱい使っているし
添加物盛りだくさんだし
24時間営業でエネルギー浪費するし
買わせるように誘導してくるし
全然好きじゃない!
ま、
気軽にコーヒー買う時と
子どもの機嫌を取る時と
コピーする時は
使わせてもらうけど…

我ながら、やなヤツ!w

便利に使っていることは棚に上げて
コンビニに文句垂れていた私でした。

たまたまコンビニを例に出しましたが、
他のことにもダメ出し。文句ばっか。

これ、
自分のことしか見えてないときの私。

「エセポジティブ」って言われたときは
ボディブローのようにジワジワきたな・・・

自然派なものにこだわっていて
環境問題に関心があって
世界のこと見えている!
なーんて、
とんだ勘違い!

誰かのために何かのために
考え行動してる(風の)自分に
酔ってただけ・・・

身体や環境に負荷をかけた生活をしていたことに気づいて
それに基づいて選択して行動して
それで「世界が広がった!」って感覚になりました。
つまり自分のガチガチに固められた価値観が広がった

その感覚ってすごーく清々しくて
本当に自分が神のような気分になるww

それで
わかった気になって
いい気になって

それが正しい!それ以外は正しくない!

って
また価値観をガッチガチに固めちゃったみたい。

すぐ誰かのせいにして文句垂れる私は
そういう正しいとか正しくないに
フォーカスしちゃってるときの私。

文句ばっか言ってんじゃねぇ!さっさと動け!やりたいようにやれ!
そう、私、文句ばっかり言ってます。 kazukiです。 子どもと毎日一緒にいるから とか ワンオペだから とか 実家居候で思うように動けないから とか まとまった時間がとれない とか 思うように進んでいな...

 

相手の世界がわかるようになった私

そこから紆余曲折
コンビニだけに限らず
自分の知ってる世界はまだまだ狭いことがわかって
いろんなものを見て体験して
許容範囲を広げてきました。

そしたら

そんな自分になったときに、
たまたま なのか 引き寄せ なのか

高校時代にコンビニでバイトしてたんだけど
(↑やってたんかいw)
その店長(現オーナー)と話す機会があって

当時温かくしてもらったこと
店長の思い
コンビニに来る人の思い
作ってる人の思い

いろーんなことに思い巡らせたら

コンビニいいじゃん!ってなったw

そう簡単な話じゃないんだけど、
がんばって言葉にすると、

私にとって大切なことがあるように、
相手にとって大切なものもあって当然で

絶対とか
これが正しいとか
ないんだなー

みんなそれぞれの世界を持ち
それぞれの人生を生きている。

 

この価値観が私をどんどん広げてくれた。

からの、
コンビニいいじゃん!

↓これは夫の世界を許容して広がったって話。

人生スムーズに進めるために、自己理解と他者理解は必須!私なりの自己理解ツールの使い方公開。
おはようございます。kazukiです。 今日は朝から、 感情も思考もグワングワン動いたことがあったので、 書き記します。 なぬ!?なぬ!?なぬ!?だらけの朝 今、古民家リノベーションしてます。 今日の午後、 お...

 

相手の世界がわかるようになると、幸せが膨らむ

それにしても、
店長に会うの20年ぶり!?
覚えてくれていただけでもありがたいし
変わらず頑張っている姿に応援したくなったのも事実。

さらに
バイトOB・OG会に招いてくれて
自分の殻を破ると
ほんとにどんどん広がる。

自分ばっかり見てたら
行けなかった世界に
みんなが連れてってくれる。

だから人と出会うのが大好き。

ちょっとうざいくらい話しかけちゃうこともw
(相手の世界を壊さないようにね…)

 

今日も市内のマルシェに行って
めっちゃ話しかけてしまいました。

同じ市内だけど
山の方のK地区でできた野菜を
街まで売りに来てくれる
地域おこし協力隊の人たちに。

毎回農家さんを回って野菜を仕入れ
街で1日マルシェを開き
そしてまた
売り上げをそれぞれ配りに回るんだそう。

それだけでも大変だけど、

何が仕入れられるか聞き取りもするだろうし
私はいつも取り置きお願いしちゃうので
そういう人の袋詰めもする。

わー、ありがたい。

農家さんはお年寄りが多いことや
無農薬でこだわってる若い人もいることも聞いて

それぞれ工夫して自分にできることを提供している
みんなすごいなー素敵だなーって思いを馳せる。

もし私がそういうの聞くことなく
自分のことだけ考えて
あの野菜を買っていたとしたら
何を思うかと言うと

「ブラスチック使い過ぎ」
「無農薬って書いてないのは信用できん」

そういう人でした。。。悲

 

それは私の世界の話。
私はそれを理想としてる、間違いなく。

でも
協力隊の人が考える理想の世界は違うし
農家さんが見てる世界もまた違う。

そういうこと。

それぞれの理想を追いかけて
それぞれがんばってる

それにグッときちゃう。

世の中みんな素敵な世界を築いている。

それに気づけて良かった。

そんな場所にいられて幸せ。

それを見せてくれた人たち、ありがとう。

これからも自分の理想の世界を実現して
幸せになりましょう~!

 

まとめ

自分のことしか見えてなかった自信たっぷりの私より
相手の世界をわかるようになった私の方が幸せ。

これからもたくさんの出会いで世界を広げて
もっと幸せ感じようと思う。

エセポジティブって言われたのは
ここに書いてあります。↓

kazukiストーリー
もう、いっぱいいっぱいだよ・・・ やめたら楽になるんだろうなぁ・・・ ふう。 いかんいかん。 頑張れば終わる、終わらせれば楽になる! よーしっ! 甘いもの口に入れて、 気持ちを切り替えて、 また頑...

コメント