【占いの会、開催報告】自己分析マニアな私が、占いで自己理解をさらに深めた話。そしてまた夢を叶えた。

ワークショップ

2021年6月30日

1年の半分を終えて。

これまでの整理と、
これからのことと。

 

あることがきっかけになり
ずっとやりたいと思っていた
オンラインコミュニティ運営が
突然始まった。

 

なんで始まったのか?
どんなコミュニティにしていきたいのか?

 

そんなことを、つらつらと書きました。

 

 

半年間の振り返り

1月からやってきたいろいろ。

毎月の古民家ベジcook
ヨガ&瞑想
漆喰
経営者マインド

生理のお話
SDGs
段ボールコンポスト
ベジキムチ
白味噌
子育て座談会
教育座談会
オルタナティブスクールのお手伝い
夢中女子会

もしかしたら全部網羅できてないかもしれないけれど
幅広くいろんなことをやって
どれも興味があって縁があって
いろんな出会いや学びがあって
成長させてもらった。

 

そして6月最後のイベントとしてやったのが

「占いの会」

これが、私の世界をまた大きく広げてくれた。

 

※この日のランチ、スパイスカレープレート

 

占いで見えてきたこと

もともと占いなんて信じない人だったけれど
目に見える世界しか信じられない人だったからね、
でもたまたまやった占いとかカードとかで
停滞していたことがスッキリしたり
ドーンと背中を押されたりする経験をしたのです。

日常ではないけれど機会があればやる程度。

 

今回やらせてもらったのは

・ボイジャータロットカード
・数秘
・ドラゴンチャネリング

なんだけど、

正直、今やりたいことも見えているし
どんどんチャレンジできているから
停滞感はなかった。

でも、話しながら見えてきた。
引っかかってることがあった。

 

家族のこと

 

娘が学校に行きたくないのは
私がちゃんと娘に向き合えてないから?

自分ばかり好きなことをやらせてもらって
夫に負担がいっているんじゃないか?

だから、
仕事と家庭のバランスをどうしたら上手くとれるのか
そこに目も力も注がれていて
結局目指している方へのスピードが落ちている

そこに、なんとなくモヤモヤしていたんだ。

 

 

占いに背中押されて夢を叶えた

占い系をやって
いつでもどこでも言われるのが

 

やりたいことをやりなさい

突き抜けるために生まれてきた

 

こういう類のこと。

 

「私のせいで家族が不安定なんじゃないか?」

って思っていたけど

「家族への遠慮があって突き抜けられない?」

って、ちょっと変換された。

 

遠慮せず、もっと自分らしく
好きなこと、やりたいことに精を出す。
そして家族に尽くすときも遠慮なく。
家族への愛も本物だから。

 

そんな心持ちに切り替わった途端
やりたいことがスッと降りてきて
早速FBで新しくコミュニティをつくった。

理念やミッション、ビジョンを共有するのは私だけれど
その中で各々が自分を思い切り発揮できるような
そんなコミュニティをつくりたかった。

つくりたかった。

つくれた・・・笑

 

人生は自分が選択した結果

もちろん、これからどう動いていくかはわからない
私のがんばり次第なんだけど
つくろうと思って行動すれば、つくれる。

そんなのまだまだ先の夢、って
勝手に思い込んでいたけれど
やれば、できる。

 

私の友人だって、
学校をつくりたいって言い始めて
約半年で学校開校できたし

オルタナティブスクールun chat

 

私たちも
夫婦で脱サラして田舎暮らしできたし

夫婦で起業してなんとかやってるし

 

やるか、やらないか

ただ、それだけ。

 

LINE無料コラムで書いたんだけど

 

『人生は自分が選択した結果だ』

 

無料コラムはこちらから

 

だれかのせい
何かのせい
世の中が
お金持ちが
あいつが

そんなふうに思っているときもあった。

でも、全部自分だった。

自分がやらなかっただけだし
動かなかっただけだし
自信がなかっただけだし
失敗したくなかっただけだし

 

もう、そういうの、やめよう。

自分のことは自分で責任をとろう。

 

だれでも、いつからでも
人生の方向転換はできる。

 

人生の舵は、自分が握っている。

 

行くも行かないも、
やるもやらないも、
変化を起こすのも起こさないのも、

全部自分が握っている。

 

 

まとめ

そんなこんなで
オンラインコミュニティをつくったけれど

私にとってコミュニティって何?
それって必要なの?
どんなコミュニティなの?
どんなことができるの?

どんどん言葉が湧き出るので、
後編も書くことにしました。

 

ひとまず、前編は
人生の主人公は自分だということを
再確認してほしくて。

どん底まで落ちた私でも
這い上がれたからこそ
だれでもいつからでもやり直せることを伝えたい。

人生の道は一つじゃない。
あっちこっち行って、楽しもう。
もっと自分にしっくりくる道を見つけよう。

 

ということで、後編に続く。

 

 

★★

どん底まで落ちた私が人生の主人公に戻れた。

ブレない自分になれたプロセスや考え方など
濃く深く「人生」や「生き方」をテーマに書いています。

こちらのLINEにご登録ください!

ブレない自分になる無料コラム:ご登録はこちらから

コメント