【夫婦で脱サラ、田舎移住】一体どうやって実現したの?不安はないの?に答えます。

自分を大切にする生き方・働き方

こんばんは。kazukiです。

 

読者さんより質問がありましたので
それにお答えしようと思います。

 

それでは早速どうぞ。

 

質問内容

30代主婦 Mさん

サラリーマンなんて辞めたい!てむっちゃ思い始めてます。
でもそれと同時に「稼いで生きていかなきゃいかん」というジレンマにも苛まれます。

もし宜しければ、お給料としてお金が入ってくる毎日から離れて、今の古民家に移られたポイントを教えて頂けないでしょうか

 

なるほどですね~

私の周りにも、辞めたいけど
これからのことが心配で辞められないって人
たくさんいます。

 

そんな中、
なぜ私たち夫婦が脱サラして
田舎移住を果たしたのか
どんな心持ちなのか
聞いてみたい人はたくさんいるんですね~。

 

実はつい最近
地元の新聞記者さんに取材を受けたり
ラジオでインタビュー受けたりしました。

 

【これぞパーマカルチャー!】セルフリノベで古民家田舎暮らしを始めた脱サラ夫妻にインタビュー(ラジパーvol.127)
質問・メッセージはこちらまで。

 

いやー何度聞いても・・・恥ずかしいw
自己紹介でなんで結婚12年目とか言っちゃったんだろうw

友人に聞いてもらったら、
「ガツガツしてる攻めのkazukingだね」
とか言われるしw

もっと慣れていかないとね。こういうの。

 

それは置いといてw

 

私が退職したのはうつが発端と話しました。
でも今考えると、
退職を決意したのは
本当の自分をわかり始めたから。だな。

 

自分に向き合う時間を持ったことで、
本当に好きなことや得意なことがわかってきた。
教師ではない何かでもっと力が発揮されそうだ。
可能性にかけてみたい。
本当の自分で生きてみたい。
人生の再スタートを切りたい。

 

なんかそんな気持ちだったと思う。

 

それでも
うつになった私が退職したってのは
稀なことではない。

 

それより夫の退職。
この事例は稀だし、一般的に異様だよなー。

 

 

脱サラ田舎移住の決め手はコレだ!

ラジオでも話していたけれど
夫は仕事に不満をかかえていたわけではないんです。

土日祝は完全に休み。
休暇も取りやすい。
お給料も悪くない。
人間関係も良好。
通勤時間がちょっと長いけど
それ以外何の問題もなく勤務していた。

 

そんな夫がなぜ退職したのか。

 

間違いなく私の変化が影響している。

 

私が新しい自分に目覚め、
広い世界が見え始めてしまったから。

 

一馬力になった当初は、
夫が仕事に行っていて
その間で私は勉強したり発信したり
自己分析したり人脈広げたり、
自分の可能性がどんどん広がる感じが
楽しくてワクワクで満足してました。

 

しかし、
夫は早くて20時帰宅。
残業があればそれより1,2時間遅くなり
夕方から寝るまではワンオペ育児。

こんな面白いことがあった!
こんなこと学んだ!
その日のことを共有する暇もなく就寝。

翌朝は出勤と登園でバタバタ。

 

昼間はたくさん時間がもらえて嬉しいのだけど
夫と何もシェアできてない。
子どもたちとも余裕なく接してる。

 

どんどん不満が溜まっていった。

 

でも、家のローンも生活費もある。
働いてもらえてありがたい。
時間ももらえてありがたい。
もうこれ以上わがままは許されないよな・・・

 

(夫にもっと家にいてほしい)
(子どもとの時間にゆとりがほしい)

 

この本音は抑えていました。

 

本音なんてもっともっとありますよ。

 

(自然食品店が近くにほしい)
(野菜を手軽に入手したい)
(もっとエコな生活がしたい)
(もっと自然に囲まれた場所に住みたい)
(人や車が少ないところに住みたい)
(好きなことだけしていたい)
(・・・・・)

 

こうしたい!なんて
上げたらきりがないですよね。

 

でも今ある環境も恵まれてるんだから
感謝すべきでしょ。
それ以上望むなんて、わがままがひどすぎる。

 

でも皮肉にも勉強や自己分析を続けてるので
視野が広がる。
世界は広がる。
可能性は広がる。

そしたら当然
現実と理想とのギャップもどんどん広がる。

 

こうしたら理想の世界に行けるのに!

でも無収入になっちゃうよ・・・

 

そう
最終的には

 

理想の世界 をとるか

お金 をとるか

 

この狭間でゆれていたんですね。

 

私は理想の世界に行きたかった。
強く強く行きたいと願っていた。

 

だからそっちをとった。

 

そして夫に「仕事辞めてほしい」って言ったわけ。

 

もしかしたら
そのままの生活でも
行けないことはなかったのかもしれない。

 

でも、早く行きたかった。

 

一番はやっぱり子ども。
ゆとりのある母親になりたかった。
子どもに伸び伸び生きてほしかった。

 

その理想の姿が鮮明だったからかな。

 

〈関連記事〉

脱サラ田舎移住、古民家リノベ、はぁ~悩みは尽きない!私らしく生きるって、むずっ!
こんばんは。kazukiです。 やっとやっと新居での生活が始まりました! 祖母の家を直して住むと決めてから約8か月 長かった~~~ ここに来れば、私らしい生き方ができると思って 夫に脱サラしてもらい、首都圏から田舎...

 

お金への不安を打ち消したもの

とは言え

 

お金に関して不安じゃないの?

 

ってとこですよね。気になりますよね。

 

不安はありました。

悩みましたし
心臓がキューってなりました。

 

でも、上で書いたように
理想の世界が私の目の前でキラキラしてるんです。

 

こうなったら幸せだよなー
こうしたら満たされるよなー
あれもいいな
これもしたいな

 

視野が狭かった頃の私だったら
そんな夢みたいなこと
宝くじでも当たったらねーー

ってまた現実に戻ってました。

 

でも
いろんな世界を見て、いろんな人がいるのを知って
視野が広がった私
それって叶わないことじゃないってわかってきた。

 

それから
自分にじーっくり向き合ったおかげで
無能で普通以下だと思っていた私にも
才能があるってわかってきた。

 

そしてそして何より
私には私のストーリーがあって
私にしか描けない人生がある!
私にしかできないことがある!
って思うようになった。

 

それらが膨らんで膨らんで
お金への不安よりも
そっちの可能性にかけたい思いが強まった。

 

そんな感じですね。

 

そう決断したら早かった。
というか、
理想の方から近づいてきてるんじゃないかと思うほど
あれよあれよと進んでいく。

 

人生はまじで面白い!

 

止めているのは自分だから。

 

悩んでるときは辛いけど
決めたら気持ちいいぞ~~
ww

 

 

貯金切り崩し生活の現状

夫婦で脱サラ、田舎移住して4カ月半。

現在無収入。

貯金を切り崩して生活しています。

 

祖母の家を改築したので
住居はタダでもらい受けましたが
改築費がけっこうかかった。
マンション売却した費用で少々おつりがくるくらい。

 

切り詰めた生活・・・

 

なんてしていません。w

 

 

呼吸も血液も水も食物連鎖も
そしてお金も
どんなものも循環している
出したら入ってくる
ってことを学んでいるので
惜しみなく出しています。

 

お金への不安を手放しつつあるので
サラリーマンやっていたときよりも
もしかして支出は増えたかもしれん。

 

さらに
田舎に移住したら
ギブの精神で生きてる人が多くて
ギブを浴びまくっているので
私たちも
お金も労力も時間もギブするのが当たり前になってる。
そしてギブすればするほど
また還ってくるのも体験してる。

 

でも
支出もギブもすべて投資だから。
自分の理想の世界へ近づくためなら
いくら出しても惜しくないんですよ。

 

時々恐れが顔を出すこともあるし、
投資なのか消費・浪費なのか
瞬時に判断できないで失敗することもあるけど、
それ自体お金を理解するための体験だと思えば
惜しくないし
痛くないって思えるようになったんだな。

 

お金への不安がかなりあった方なので
この体験のおかげでお金への理解が深まって
見方考え方が変わってきたなーと思う。

 

今気づいたけど
律儀に貯金してたから今の生活がある。
大変な思いして働いていたことも良かったし
そう育ててくれた親のおかげ、社会のおかげだなぁ。
ありがたい。

 

ということで

お金に対する理解を深めよう!

⇒循環を理解すること

⇒体験してみること

これによって、
無収入でも不安をあまり感じずに生きております。

 

〈お金を学べるブログ〉

お金に対する価値観を変えることで人生が豊かになる話1 | 先輩、人生進んでます?
どもーKojiです。 早速参りましょう。 今日は 「お金がない!」って言う人。おい嘘つけ!あるわ! って話をしますw なんでこんな人ばっかりが世の中にいるのかって言うと、 これは日本だけに限らず、おそらく世界中でちゃんとしたお金の教育がなされていない。 ってのが根本にあって。 で、特に日本では昔から質素倹約の素晴らしさ...

 

そしていよいよ切羽詰まったら
もうやるっきゃなくて
ガンガン動いて
きっとビジネスもあれよあれよと進むはず。w

 

あーもう、人生楽しいなーーww

 

と、こんな感じで
答えになったでしょうか?

 

参考になれば幸いです!

 

まとめ

脱サラ田舎移住を果たしたのは、

・理想の世界を鮮明に描いていたから
・自分だけの才能・ストーリーに行きついたから


無収入でも不安がないのは

・お金について理解を深めたから

コメント